日誌



<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


勘違い

しょーもない、しかも恥ずかしいことを
一つ書かなくてはならなくなった。

「かれいしゅう」ってあるでしょ?
オジサンの臭いってやつ。40歳すぎると
きつくなるって言われてる。

あれね。

「カレー臭」だと思ってたわけです。
カレーを食べないのに、体からカレーの臭いが
出てくるのって不思議だなぁなんて思ってたら、
違うんですね。

「加齢臭」だった。
そりゃそうだ。
[PR]
by akangou | 2006-10-26 23:10 | コラム

今日という今日は・・・

ついにやってしまった。

帰りの地下鉄で本を読んでいたら・・・
なんかイヤな感じがしたんだよなぁ。
読みながら涙が出てきてしまって。
やばい。
「こいつ泣いてるで~」「変態ちゃうんか」
なんて声が聞こえてきそうだった。

つり革につかまりながら読んでいた文庫本。
涙が床に落ちることはなく、少し鼻をグスグス言わした程度で
終了したのだが、鼻をすすった時にふと外を見る感じで顔を上げた。
外はもちろんトンネルの中だから車内が鏡のように映し出されている。
同じようにつり革に掴まっているとなりの女性と窓越しに目が合った。

あの女性はどう思っただろう。
何か会社で悲しいことがあって泣いていると思っただろうか。
本を読んでいて泣いている、なんと感受性に優れたサラリーマンだと
感心ただろうか。

ともかく電車の中で泣いたのは初めて。
今日はその記念日としよう。

その本の名前は「椿山課長の七日間」。
[PR]
by akangou | 2006-10-24 22:54 | 日記

この島国の大きさ

ずいぶん日が短くなったと思って
日の入り時間を調べてみると
今日の大阪で午後5:19、
明日は午後5:18となっている。
えっ、そんなに早いかったか。
最近、6時になるともう暗いから。

最東端の北海道の根室だと、日の入りは
午後4:29。
なんてこったです。
午後5時にはもう暗くなってる。

最西端の与那国島にいくと
日の入りは、午後6:18。
まだまだ明るいか。

根室と与那国島では、日の入りの時間に
1:50ほどの差があるのですね。

最高気温も根室で14度、与那国島で29度。
全然違うもんなぁ。
冬一歩手前とまだまだ夏を引きずっているところと。

日本って、こうしてみると大きい島国だなぁ。
[PR]
by akangou | 2006-10-19 22:53 | コラム

一日一善!

今日は地下鉄をいっぱい利用した。
地下鉄はその線によって、混雑する線と空いている線が
あるけど、今日はなんだかどの線もとても混雑していた。

でも、僕が乗ったのは始発駅だったので座れた。
途中で杖をついたおじいさんが乗ってきた。
瞬間に立ち上がり、席をゆずった。

そこに、一瞬の迷いもなかった自分を褒めたい。
えっ?あたりまえっすか?

でも、いいことをした。
おじいさんもちゃんと御礼を言ってくれたし。
いい一日だった。
[PR]
by akangou | 2006-10-18 22:13 | 日記

バナナ

2日前、近くにあるイトーヨーカドーで
1本168円のバナナを買った。
もちろん安いバナナもあるわけで、
1本単位で売っているのがそのバナナだけだったから
購入したまでなんだけど、
そのバナナには「メキシコ産有機栽培バナナ」
と書かれていて、包装の仕方もあるんだろうけど、
なんとなく高貴な、清楚な(??)感じがした。

おいしい。

でも、あまり後味が残らないものだった。
これが高級バナナというものなのか。

いつもとはちょっと違う、
非日常を味わった一日でした。
[PR]
by akangou | 2006-10-16 22:24 | コラム

涙腺

30歳を越えた頃から
急に涙腺が緩くなった気がする。
アクビや笑いの涙ではなく、
感動に対する涙が出やすくなった。

映画で泣いたりすることは今までも何度もあって、
「ニューシネマパラダイス」はその代表例だ。

今夜、久しぶりにテレビを観て泣いた。
阪神タイガースの片岡篤史選手の引退セレモニー。
本人が挨拶をする。感謝の言葉のあとに、
「日本ハムから5年前に阪神へ移籍してから、
思うような成績が残せなかった。悔しくて、
泣きながら球場を後にしたこともありました。
それでも気力と根性で続けてきましたが、
もう限界です」

この言葉を聞いたとき、悔しさで唇を噛み、目を潤ませた片岡選手が
自分のバットを片手に持って、時折、肩を上下させながら
宿舎へ向かうバスに乗り込む、そんな光景を頭で想像すると、
自分の意志とは関係なく涙があふれ出した。
他の選手たちも泣いている。
これをみてまたさらに泣いた。

プロ野球の選手は、現役での寿命が短い。
だって、片岡選手は37歳だもの。これからやん。
完全燃焼して、また違う人生を明日から歩む。

僕も他人を感動させるようなエピソードを
何か1つでも持っていたいなぁ。
そんなことを思った一夜でした。
[PR]
by akangou | 2006-10-12 23:29 | コラム

体育の日

何ともさわやかな一日。
絵画のようなウロコ雲が空を覆い、
夏とは確実に違う日差し、行楽にはちょうどいい日でした。

朝8時30分に家を出て、阪神高速を使ってで兵庫県西宮市へ。
少し飛ばして30分強で釣り場へ到着。すでに満員御礼で
少し順番待ちをした。
今日は一人で釣りをする。

イワシ36匹
アジ 1匹   合計37匹

以上を釣り上げたけど、
中にはイワシの群れを追って来たカツオを
釣り上げる人などもいて、なかなか面白いところでした。

海もさほど汚れてないし、家族連れもおおかったっす。
今度は家族で来てみたいところです。
[PR]
by akangou | 2006-10-09 23:14 | 釣果

オーバーラン

10月2日(月)

本町~西梅田(地下鉄四つ橋線)
梅田~伊丹(阪急電鉄)
阪急伊丹~JR伊丹(伊丹市営バス)
JR伊丹~三田(JR福知山線)
三田~宝塚(JR福知山線)
宝塚~大阪(JR福知山線、JR神戸線)
西梅田~本町(地下鉄四つ橋線)

久々に電車の乗車記録を書いた。
この中で、宝塚~大阪への途中、北伊丹駅で10メートルくらい
電車がオーバーランした。車掌がごめんなさいって言ってた。
人生で2度目のオーバーラン。なんだか妙に嬉しい。
その列車はもちろん、あの脱線事故現場を通り、何事もなかった
かのように大阪駅にすべり込んだ。
大阪駅でこの列車を待ってた人は、北伊丹駅でオーバーランした
列車だと知らないんだよなぁ なんて思いながら
ちょっと変な優越感に浸った。
そんな一日でした。
[PR]
by akangou | 2006-10-02 21:48 | 電車


あかんごうの人生の中で
カテゴリ
全体
釣果
日記
コラム
電車
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
horse cunt
from horse cunt
elegant imag..
from elegant images..
cheap paintb..
from cheap paintball
cheap paintb..
from cheap paintball
cheap paintb..
from cheap paintball
cheap paintb..
from cheap paintball
cheap paintb..
from cheap paintball
cheap paintb..
from cheap paintball
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧