日誌



<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


弱冷車の温度

長雨がつづいて、うっとうしいなぁと思っていたら、
昨日から急に夏らしくなった。
暑い。暑すぎるねえ。

僕は毎日電車に乗って出勤し、仕事で電車に
いっぱい乗る。つまり冷房ガンガンの場所と
熱気ムンムンの場所を往復しているわけで、
体にはあまりいいことないと思うのですが、
電車には「弱冷車」と書いてある車両があるんですね。
冷房効いとんか!?って思うくらい温かい車両のように思う。

そこで・・・・
JR西日本にメールで問い合わせをしてみた。
「弱冷車」とそうでない車両はどのくらい温度差があるのか。
また、何度に設定してあるのか。

この2点を質問しました。
返信が楽しみです。
[PR]
by akangou | 2006-07-27 21:45 | コラム

広告

あの、ビールみたいな「端麗」ってやつ
ありますね。
あのグリーンラベルのCMをやっているけど、
おそらく同じ俳優(外国人)を使った、電車の中吊り広告を
地下鉄でみつけた。
5人くらいでピラミッドを作ってるんだけど、
その真ん中の人、やたらとムキムキのキン肉マンだ。
半端じゃないぞ!

他の人はそうでもないけど、1人だけ
洋服が張り裂けそうな勢いの筋肉マンだ。
さながらアクション映画の中のスタローン級だ。
ちょっと探してみてください。
[PR]
by akangou | 2006-07-27 21:35 | コラム

新しい命

先日、友だちに子供が生まれたというので
みにいってきた。
病院の産婦人科病棟のところに
ずらっ~と新生児が並んで寝ている。
それぞれにお母さんの名前と
生まれた日時、体重などが書かれている。

どの赤ちゃんも、まだこの世に生を受けて
まだ数日なのだ。
友だちの子供なんて、その1日前に生まれたのだ。
前日まで、生きていなかったわけじゃないけど
前日までは、母親とつながっていて個ではなかった。

それがその日の満潮の5分前に産み落とされた。
生まれることの不思議さと神聖さを
感じずにはいられない。
ぼくは33年以上生きている。
しかし、目の前の赤ちゃんたちは、
年よりもまだ日数で生きた時間を数えることができる。
始まったばかりの命を
何十年と生きてきた命たちが
穏やかな表情で眺めている。

何十年と生きたものたちの最初の1日目は
やはり、目の前の赤ちゃんと同じだったのだ。
それは、1000年前に生きた人も変わらない。
生きることの始まりは、同じだったのだ。

命は、尊く、いとおしい。
せっかく授かった命、大切に生きてほしいね。

っと ちょっと偉そうなことを言ってみました。
[PR]
by akangou | 2006-07-14 21:40 | コラム


あかんごうの人生の中で
カテゴリ
全体
釣果
日記
コラム
電車
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
horse cunt
from horse cunt
elegant imag..
from elegant images..
cheap paintb..
from cheap paintball
cheap paintb..
from cheap paintball
cheap paintb..
from cheap paintball
cheap paintb..
from cheap paintball
cheap paintb..
from cheap paintball
cheap paintb..
from cheap paintball
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧