日誌



<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


便利な機能

ケータイを機種変更した話を先日ここに書いた。
いろんな便利な機能がついていたり、以前の機種との
違いが分かってきたりして
少しずつ使いこなせるようになってきた。

ただ、“絶対に使わない機能”というか自分には
必要のない機能ってのは多い。
そんなことを少し思った。

でも、これがあれば便利だろーなぁっていう機能を
考えたことあります?
たとえば・・・電池が切れそうになったとき、シェイクすると
またちょっと充電されて使用できるようになるケータイ、
周りに人がいて静かなところで使う時、小声で話しても
ちゃんとマイクが声を拾ってくれて話ができるケータイ、
どこかに置き忘れたりなくなったりした時、遠隔操作で
パスワードを打てばセキュリティ機能が働いてそのケータイを
無断で使用できなくなる機能付きケータイとか。

考えればきりがないけど、
まだまだケータイは進化できると思う。
少しぐらい高くたって買う人はいると思うよ。
音楽が聴けたり、テレビが見れたりする機能も
あったらあったでいいけど、もう少し違う観点から
開発したケータイがあってもいいなぁと思いました。
[PR]
by akangou | 2006-02-22 21:18 | コラム

都合のいい脳

ぼくらは、自分のまわりにあるもので
形のあるものは何でも見えているように思っている。
ぼくもそう思っていたんだけど、
実は、その見え方に関して、ずいぶんと意識的な制約が
入っているらしい。
つまり、見たいものしか見えていない。
自分が見たいと思わないものは、
まったく見えていないというのだ。

街を歩いていても、かわいい女の子に目がいくのは
かわいい女の子を見たいと思っているから。
街のなかには、かわいい女の子以外にもたくさんに人がいる。
おじいちゃんやおばあちゃん、赤ちゃんや子供など
さまざまな人とすれ違っているけど、
それは、見たいと思っていなかったら
見えてないというのだ。

それを証明するような簡単な実験が
本に載っていたから紹介します。

1.まず、自分のまわりにある黄色いものを探してください。
なるべく早く、なるべく多く見つけてくださいね。
みつけましたか。幾つくらい見つかりましたか。

2.じゃあ、目を閉じてください。思い出してください。
自分のまわりに、紺色のものは、どこにあったでしょうか。

答えは出てきますか。
出てきてもせいぜい1つくらいじゃないでしょうか。
黄色はたくさんみつけたのに、
紺色には目がいっていなかった。
見ようとしていないから見ていない。
ということらしいです。
自分のまわりにはいろんな物があるのに
興味のあるものしか見えていない。

つまり、24時間、どこにいても、
自分の興味のあるものしか人は見ていなくて、
小さな視野のなかで生きているんだってこと。
なんてちっぽけなんだろう。

電車でその本を読んでいたものだから、
となりに座っているおじいちゃんは
いったいどんな世界を見ているんだろう。
そんなことを考えながら電車に揺られていました。
[PR]
by akangou | 2006-02-20 22:45 | コラム

JRからの返信メール

誰でも一度は経験のある急な腹痛または猛烈な便意。
これがもし、電車を運転中の運転手に起きたらどうなるのか。
トイレ停車ってことになるの?
そんな素朴な疑問を鉄道会社3社にメールで質問したところ、
JR西日本さんから、回答があった、あった。

いや、うれしいねぇ。かえって来たよ。


僕が送ったメールっていうのが・・・

電車の運転手さん、または車掌さんが、乗務中に
お腹の具合が悪くなったり、
どうしてもトイレに行きたくなった場合は、
どのように対処されているのでしょうか。

人間である以上は、必ずそういった事態に遭遇することが
あるかと思うのですが、
電車を止めてトイレに駆け込まれるような姿を
見たことがないので、どのような方法をとられているのか、
ふと疑問に思ったわけです。

つまらない質問だとは思いますが、
よろしくお願いします。

というもの。それに対して下記の通り返ってきましたよ。

・・・・・ここからがJR西日本からの返信メールです・・・・・・・・・

JR西日本大阪支社ホームページをご利用頂きまして
ありがとうございます。
先日頂いたご質問に対して回答致します。
ご利用ありがとうございます。
ご質問の件ですが、列車乗務前に点呼を行ないますので、
調子が悪い時はその場で別の乗務員に交代します。
しかし、乗務中に具合が悪くなったりすると
列車輸送指令に連絡を取り、交代乗務員の要請を行ないます。
JR西日本 大阪支社総務企画課 キク象大阪

ということだ。
トイレを我慢できなくなって電車をとめることがないように、
JR西日本では、乗務前の点呼で確認し、
調子が悪ければ交代すること、
そして、乗務中の場合は、列車輸送指令という
管制センターのようなところに連絡をいれて、
交代乗務員の要請を行っているということだ。
こうしたことで、運転手のトイレ停車などという
事態を防いでいる。

でも、どうなんだろ、列車輸送指令に連絡をとって、
「 腹が痛い~」 と運転手が途中交代しているケースは
年間どれくらいあるんだろうね。
[PR]
by akangou | 2006-02-14 22:15 | コラム

ケータイを変えた

土曜日は久々に大阪市内へ買い物に。
心斎橋から難波まで歩き、大丸にも寄った。

さらに途中のボーダフォンショップで
ケータイを買った。
機種変更は僕の人生2度目。
平成10年に新規契約してからもう8年目なのに。

今度のはすごい。QRコードが読みとれる!!
え?当然? あんなモザイクみたいな形を読み込んで
ネットにアクセスできるなんてすごいやん。
技術は着実に進歩してるねェ。
それにしてもあの心斎橋の店は子供を連れて行ったからか
いろんなものをくれたぞ!
Tシャツとかペットボトルの飲料とか、色鉛筆セットとか・・・
でかした!誠!

オリンピックもいいけれど、
たまには外へ出てウィンドウショッピングも
よろしゅおまっすえ。
[PR]
by akangou | 2006-02-12 08:38 | 日記

突如おとずれる便意との闘い

ときどき、どうしようもなくトイレに行きたくなり、
そわそわしながら駆け込むことがある。
大人になってからは、少なくなったけど、
小学生のころは、よくあったなぁ。

家に帰る途中にうんちがしたくてたまらず、
おしりをキュッとしめ、足を内股にし、
顔からはあぶら汗をかきながら、家のトイレに
ときどき駆け込んでいた。

あれって、不思議なもので、なんで家が近づくにつれて、
便意は加速するんだろうか。トイレにつく頃は
我慢の限界すれすれの状態。

誰にでも、この手の生理的現象は、
突如としてやってくるものだ。
来てしまったらどうしようもない。

そんなことを電車のなかで考えていたら、
電車の運転手や車掌さんって、
そういう場合にどうしているんだろうとふと思った。

トイレのついている電車なら、車掌さんはなんとか
用をたすことができるけど、
運転士さんが席をたつことは許されない。
ちょっとトイレに行くから、
5分待ってくださいとは言えないのだ。

ローカル線ならまだしも、都会でそんなことをすれば、
いろんな所でダイヤが乱れて大変なことになりかねない。
だったら、どうしているんだろう。
ひたすら耐えるだけなのか。
そんな忍耐任せでいいのだろうか。個人差はあるぞ。

苦しみながら運転してたら、信号を見逃すかも知れないし、
駅をすっとばしてしまうかもしれない。
そんなことにならないように、何か秘策を
彼らはもっているのか。

これは、実際に聞いてみないとわからないと思って、
今日、JR西日本と阪急、阪神の3社にメールを送ってみた。

つまならいといえば、それまでだけど
きちんとした回答が返ってくれば、面白いと思う。
返ってくるかなぁ。
[PR]
by akangou | 2006-02-09 21:11 | コラム

春の太陽

もう立春をすぎたので、暦の上では春ということだ。
大阪でも粉雪が舞うような状況で春とはとてもいえない、
そう思っていたけれど、昨日は春だったかもしれない。
昨日もかなり寒い1日ではあったけど
それでも、風が止んでときどき出てくる太陽の光りを
感じていると、陽射しがこころなしか力強く感じた。
真冬の弱々しい太陽ではなくて、草花たちが喜びそうな
当たっていると、暖かさを確かに感じるくらいに
しっかりとした太陽の力を感じる。

ちなみに、立春をすぎてから吹く風速8m以上の強風を
春一番というらしい。現実はまだまだ厳しい寒さが続いているけど
季節を表す言葉には、春の文字が増えてきている。
春はもうすぐそこまで来ているのですね。
[PR]
by akangou | 2006-02-08 22:11 | コラム

すし詰め状態

開かずの踏切というわけじゃないけど
10分ほど開かない踏切で電車が行き交うのを見ていた。
1本の電車でも車両によっては、乗客がまばらな車両と
すし詰め状態になっている車両がある。

みんな降りた後のことを考えて、一番出口に近い車両を
選ぶんだろうけど、ちょっと歩く距離が増えるけど
先頭や最後尾の車両に乗れば、
密集度は真ん中周辺ほどじゃないのに
乗ってるときの密集ストレスよりも、
移動にかかる時間を軽減することのほうが
いいという選択のなのか。

こんなことも思った。
すし詰め状態の車両をみながら、この人たちみんな
お金払って乗ってるんだとおもうと、
ものすごい金額があの1両のなかで消費されているわけで、
鉄道会社からすれば、すし詰めすればするほど、
儲かることになる。
どんどん詰め込んで走らせる。
混んでても、ラッシュのときは、それはそれで
しょうがないと誰も割り切っているわけで、
そこにあまり疑問を持つ人は少ないのかもしれない。
しかし、不快指数は、空きの多い席に座って移動するよりも
遙かに高いわけで、同じ金額だというのもどうなんだろう。
[PR]
by akangou | 2006-02-02 21:25 | コラム

1月31日(火)

一日過ぎましたが・・・

本町~西梅田(地下鉄四つ橋線)
梅田~宝塚(阪急宝塚線)
宝塚~甲東園(阪急今津線)
甲東園~門戸厄神(阪急今津線)
門戸厄神~西宮北口(阪急今津線)
西宮北口~塚口(阪急神戸線)
塚口~伊丹(阪急伊丹線)
伊丹~塚口(阪急伊丹線)
塚口~梅田(阪急神戸線)
西梅田~本町(地下鉄四つ橋線)

いやぁ、短距離を何度も何度も移動するというのは
本当に疲れます。
しかも少し道に迷ったしね。
でももう大丈夫。一度覚えれば大丈夫。

ホントくたくたでしたわ。
[PR]
by akangou | 2006-02-01 21:23 | 電車


あかんごうの人生の中で
カテゴリ
全体
釣果
日記
コラム
電車
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
horse cunt
from horse cunt
elegant imag..
from elegant images..
cheap paintb..
from cheap paintball
cheap paintb..
from cheap paintball
cheap paintb..
from cheap paintball
cheap paintb..
from cheap paintball
cheap paintb..
from cheap paintball
cheap paintb..
from cheap paintball
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧